足の臭いが気になる私は今まで重曹だとかお酢など出足の臭いを取ろうとしたことがありますが確かににおいは取れますがオスや重曹だと押すのにおいや重曹の臭いがこびりつきますし、何よりも足が荒れます。肌荒れみたいになり足が荒れます。そこで私はリジンを使用して足を消臭する方法をとりました。

まず、リジンですが、アミノ酸の一種で無毒で普通にサプリメントとして販売しており、その粉末を砕いて難航にしたりすることで普通に消臭できました。ただのアミノ酸なので痛みもなく肌荒れも起きません。万が一肌荒れが起きるのが嫌だと思うのであれば軟膏で肌荒れ用のビタミンが入っている桃の花にもでもリジンの粉末を入れると良いです。

粉末の量ですが軟膏や水の量の10分の一ほどで十分効果を発揮します。この方法は以前、愛知県の大学か何かの教授の方が発表した物で私が考えた物ではなく、リジンの化学変化を利用して臭いのみを分解することで足の臭いが消えるというものです。

雑誌か何かに分量が書いてあり軟膏や水を入れたものの10分の1ほどのリジンを混ぜて作る方法です。当初はリジンはサプリメントとして売られていてそれを砕いて水に溶かしたり軟膏に混ぜてました。効果はありますがリジンは現在たくさん販売されておりどのリジンが良いかは分からないです。

私が対策として使用した際は2、3社しかなかったように思うですが現在はたくさんの会社から販売されていますので量の多さで決めるとお徳なのかもしれないです。リジンはアミノ酸ですので多いほうが漉したことはないですからね。

雨の日は困る

雨が降った時に、靴の中や靴下が濡れてしまって蒸れてしまい足が臭くなるという事があります。対策としては帰宅したら、靴を十分に乾かすという事、靴用の消臭スプレーを靴にふる事があります。足が臭う原因は雑菌が増えるからであり、汗と混じった皮脂や角質、垢などを分解する際に発生する物質によって臭いが出てきます。

つまり、雑菌を除去すれば、足の臭いが発生しない環境を作り上げる事が出来るのです。対策としては、常に足を洗って清潔にしておく事、靴を定期的に洗って清潔に保っておく事、爪を切っておく事でしょう。靴用の消臭スプレーで選ぶと良いのは、成分に銀が入っているなど消臭力をアップさせたものです。靴を洗ったり、雨で濡れたりした場合には十分に乾燥させておく事も大切であり、ドライヤーを使うといった事も効果的でしょう。

足の臭いの原因でもある汗が出るのを抑える事も足の臭いが発生しない環境作りを行う上で効果があります。汗は、気温が高くなって体温調整をする時に出てきますが、その他にもストレスから出てくる汗もありますので、ストレスが原因である汗はストレスを解消する事で汗を抑えられるので、結果的に足の臭いが発生する事が減ってくる事になります。