汗はほとんどかかない体質なのですが冬にブーツを履くと何故か足が臭くなってしまいかなり冷え性なので冬はほとんどブーツを履いて過ごしているので足の臭さを人に知られないために靴を脱ぐようなお店に行く時にはお店に行く前にトイレで汗拭きシートを使って足を拭いてから行くようにしていました。

足の臭い対策用品はたくさんありますがブーツにスプレーした位では足の臭いの発生は抑えることができなかったのでネットで調べた木酢液で足を洗う方法を実践しました。

他の足の臭い対策用品は値段が高いものが多かったのですが木酢液ならそれほど高くはないのでお風呂の中で薄めた木酢液で足を洗うとお酢の独特の匂いはしましたが薄めているのでそれほど強い匂いではなく足全体をまんべんなく木酢液で洗う次の日にブーツを履いても蒸れて足の臭いがすることなくなりました。

今までどんなに石鹸やボディソープで足を洗っても消えずに抑えることもできなかった足の臭いは木酢液で足を洗うことで臭いがすることがなくなり冬は毎日必ず足が匂わなくても木酢液で足を洗うようにしたら靴を脱ぐ場所に行くときも躊躇しなくなりました。

蒸れた足の臭いがしなくなったのは本当にありがたく木酢液は絶対に切らさないようにしていますがブランデーで足を洗っても足に臭いは消えるそうなので次はブランデーでも試してみようと思っています。

靴下えらびに気を付ける

私はスニーカーを履くことが多いので大抵は靴下を履いています。一日中歩いたり、働いたりしているとやはり脱いだときに足が臭うことがあります。でも、少しだけ靴下にこだわることで足の臭いを抑えることができました。

こだわりの一つ目は必ず靴下を完全に乾かして履くことです。洗濯後、生乾きのまま履くと足が蒸れて嫌な臭いがしてきます。それでは洗濯洗剤の消臭効果も台無しです。部屋干しの場合など気を付けないと、見た目や触った感じでは乾いているようでも生乾き臭がすることがあるような気がしています。

二つ目は靴下の素材は天然素材を選ぶということです。
化学繊維の含まれている靴下は汗を吸収せずに靴の中で蒸れて臭いを出してしまいます。化学繊維は含まれていないか、含まれている割合ができるだけ低いものを選ぶといいと思います。

天然素材といっても、私は綿を選ぶことがほとんどです。絹は繊細すぎて普段履くには弱すぎるし、麻は靴下として使用するにはちょっと肌触りが悪いです。ウールは保温性も高く冬場はとてもいいと思うのですが、私の場合は足を温めすぎると足の裏からたくさん汗をかいてしまうみたいで、それが臭いの原因になってしまいスニーカーと一緒に履くのには向いていませんでした。

靴下は可愛いものや素敵なものがたくさんあるので、色や形などにこだわって選ぶのも楽しいです。上手に付き合って足の臭いを少しでも抑えていきたいです。