私は足の匂いが悩みです。

ストッキングにハイヒールを履かなければいけない職場で、1日働いているとやはり匂ってしまいます。

靴の中敷きに墨が施されているものを吐いたり、銀イオンが練り込まれているものを使用したりしています。
スプレーも売っているので、今まで色々な商品を試してきました。

それらも効果的ではありましたが、私が他にかなり効果があった商品があります。
それは「クレゾール配合の石鹸」です。

これは主に水虫に悩む人への石鹸ではあるのですが、殺菌効果が高く、水虫ではない私が使用しても大丈夫です。
足の臭いが匂いにくくなり、だんだんと気にならなくなります。

消毒効果が抜群です。

さらにこう言った原因となる、足の角質を取るとより効果的。

私は足を「角質クリアハーブ石けん FOOT medi 」というものを愛用しております。
ドラッグストアで売られていて、とても気になったこの商品は石鹸が足の形にかたどられていて、お風呂にちょこんと置いておいても、とても可愛い!

付属品にネットもついていて、とても便利!
吊るしておけば清潔に保存ができます。

色々な香りがありますので、選ぶのも楽しみ。

冬はガサガサかかとをこれでこすって、最後に保湿をしています。

とても優秀ですのでお勧めいたします。

冬靴。湿気が足にこもる

実のところ足が蒸れるのが気になるのは夏よりも冬のほうが多い。当然、暑さの関係でかく汗の量自体は夏のほうが多いのだが、夏場の履物はサンダルやそうでなくても通気性の良いものを採用する。

しかし冬場は逆に通気性の悪い、すなわち断熱性の高いものが喜ばれている。そうすると自然と中でかいた汗がこもってしまうのだ。特に問題となるのが雪の上、または中を歩くときであり、雪の湿気のせいでそうなったのか汗でそうなったのかわからないが、とにかく靴の中がびしょびしょして気持ちが悪い。

靴下も当然のごとく濡れていて一旦靴を脱ぎたいが脱いだら脱いだで履き直すのがまた面倒なことになっている。ましてや冬靴は夏靴と比べ足首まで覆う仕様も多くいささか履きにくくなっている。このようなときはサンダルの手軽さが懐かしくなるが、冬にサンダルを履いたら寒くてそれどころではないし、夏靴だと特に半端に溶けかかった雪の中を歩くときそのびしょびしょさは密閉された冬靴の中の比較対象にもならない。

好き好んで靴の臭いを嗅ぎたくはないがその臭いは溶けかかった雪によって繁殖した雑菌によりひどいことになっている。足にもその臭いは移っていて、比喩ではなく足を洗う必要があるときもある。