学生時代に某ファミレスでホールのアルバイトをしていました。ファミレスといえども立派な接客業なので身なりには厳しく、支給されるユニフォームのワンピースの足元はベージュのストッキングと決まっていました。このストッキングというのが実に厄介でとにかく蒸れに蒸れます。

ストッキング自体は替えられても、靴にしみ込んだ臭いが取れず、毎回足も臭くなるのでとても悩んでいました。とにかく仕事中は動き回っているから汗をかくけれど、吸収性のないストッキングから靴にそのまましみ込んでしまいます。

指定された靴には通気性の工夫がなされてるわけでもなく、着替える度にブルーになったのを覚えています。もちろん足専用のデオドラントやシューズスプレーも試しましたがあまり効果もなく…そんな時に偶然見つけたのがハッカ油でした。あらゆる生活臭の元となる雑菌に効くと知り試してみたところ効果抜群でした。

ハッカ油は足の臭いの元となる菌にはたらきかけ、天然成分だから肌にも安心して使えます。使い方も簡単で水にハッカ油を数滴垂らしてスプレーするだけ!おまけにコスパも良いので満足しています。また働いた後にスプレーすると、足全体の疲れやむくれが改善するところも気に入っています。

足の臭いというのは基本的には

まず、自分の足の臭いをどうにかしようと考えているのであれば蒸れやすいという状況をとにかく避けるようにするというのが一つのポイントになっています。足が蒸れてしまうというのはそれが雑菌を繁殖させてしまう要因となってしまうのでそれが臭いにつながるということになるわけです。靴などを選ぶ時には通気性もものすごく重要視するべきであるといえます。

メッシュ素材などの靴を選ぶということによって足の匂いが悪くならないようにという環境を少なからず作ることができるようになっていますから俺はそれなりに試してみる価値があることであると言えるでしょう。革靴でもそういうタイプのものが最近ではどんどん増えていますからしっかりと通気性を意識した靴を選ぶことです。

後は足をしっかりと洗うことです。足をしっかりと洗うことを毎日やっているのであれば実際問題として足の臭いは定着するということはそんなに多くないので実はかなり改善するというのが難しくはないことでもあるのです。しかし、毎日しっかりと足を隙間まで洗うということになりますとものすごく手間になるということがありますからなかなか実行するというのにはハードルが高かったりするわけです。