皆さんも1度は必ず、足の汗をかきすぎて困った事はありませんでしょうか?足の汗をかくことによって靴下がべちゃべちゃになることもあるでしょうし、足の臭いがとてもきつくなってしまうと言うこともきっとあったことでしょう。

しかしながら足の臭いの原因はその足の汗でないことがほとんどです。またその足の汗を分泌する汗腺と言う汗を出すものが存在するのですが、それはエクリン腺と言う全身に分布する汗腺の1つなのです。このエクリン腺と言う腺はどのようなものなのかと言うことや、エクリン腺から分泌される液体の成分はどのようなものなのかと言う事についてお話をしていきたいと思います。

人間の汗はほとんどエクリン腺から分泌されると言われており、人間のほぼ全身の体表面に存在すると言われています。比較的メジャーな汗腺と言えます。この汗腺から汗を分泌するのですが、この汗の成分の99%は水分、残りの1%は塩分と言われており、臭いを発する成分が含まれていないことが現状です。

対照的にもう一つの汗腺として「アポクリン腺」と言う汗腺が存在しているのですが、この汗腺はアンモニアを含んだ液体が分泌されることから、臭いを発すると言われています。つまり足の臭いがあるとしても、足の汗が原因となって臭いを発しているわけではないと言うことが言えるのです。

足の汗、臭い、角質の対処

冬になるとよく汗をかき、角質が出てきてしまいます。基本、汗っかきというのもありますが、寒く足が冷えて急に暖かいところに行くと汗をよくかき、靴など蒸れてしまいます。その為、車ではサンダルで臭くならないように運転してます。また蒸れによって足の臭いがキツイ時があります。室内では靴下を履くようにしてます。それでも蒸れてしまうので悩んでます。帰ると足をお湯につけ暖めています。

そして角質ですが、仕事柄水に足が浸かり、ふやけて乾いての繰り返し。その原因もあると思いますが、かかとなどカサカサしてます。なので100円ショップにあるように角質を取ってくれる物を購入し、風呂に浸かる前によくやってます。

それでも角質がまた出てきてしまうので、冬は特に悩んでしまいます。前はこのようなことはなかったのですが、最近になってからなるようになりました。

インターネットで調べてみると冷え性が原因もあるらしいです。私は末端冷え性で足先がいつも冷えてる状態です。体はあったまっているのに足が温まってないということが多い。その為、寝る時などには足だけ布団の中に入れずに、足先がいい感じに温まってから入れるようにしてます。まだまだ改善できてないが徐々にやっていきたいと思います。