足の臭いケアをする場合、色々な対策方法があると思いますが、『足の臭い取りでおすすめな方法は何?』と疑問の方も多いようです。
そこで、足の臭い取りでおすすめな方法について調査しました。

(足の臭い取りは靴のケアも大切!)

足を清潔に洗っても靴が臭いと足に臭いが付いてしまうため、足の臭い取りは靴のケアも大切なポイントです。

・靴は複数用意した方が良い!
複数の靴を用意しておくと、洗ったり陰干しするなどのケアができるため、足の臭い取り対策に繋がります。

また、オドイーターのような靴用の除菌・消臭スプレーで、靴を定期的にメンテナンスする方法もおすすめです。

足の臭いは、汗に含まれている成分をエサにする雑菌の繁殖が主な原因のため、足汗対策としてインソールを靴底に敷く方法も足の臭い取り対策に期待できます。

(足に付いた臭いを取る方法は?)

足に付いた臭いを取るケアは、足を清潔にする対策に繋がります。

・酸っぱい臭いがしたら重曹水でケア
『足から酸っぱい臭いがする!』という方も多いと思いますが、酸っぱい臭いの原因はイソ吉草酸という成分です。

雑菌の繁殖によってイソ吉草酸が発生するため、酸っぱい足の臭い取りは、アルカリ性の重曹を使った方法もおすすめです。

重曹水に足を浸ける対処法ですが、酸っぱい足の臭い取りケアで実践している人も多いようです。

・殺菌石鹸を使ったケアもおすすめ!
毎日足を洗う際は、普通の石鹸よりも殺菌効果が期待できる石鹸がおすすめです。

(足の臭い取り対策は足の角質ケアも!)

足の臭い取り対策は、『靴や靴下を清潔に保つ』や『足を洗い清潔にする』などのケアだけではなく、足裏の角質ケアも大切なポイントです。

足の角質は、汗と同様に雑菌のエサになり足臭の主な原因になってしまいます。

・足裏の角質ケア方法は?
足裏の角質ケアは、足用リムーバーで角質を削る方法もあるようですが、角質への負担を考えますとエイジングケア成分でのケアがおすすめです。

抗酸化作用のある成分やグロスファクター、保湿成分など、美容液のような対策商品を使った角質ケアは、足の臭い取り対策に期待できます。