そもそも、足の裏の汗はなぜ他の部位に比べて臭いが発生しやすいのでしょうか。これから汗をかきやすくなる季節を迎えるにあたって、足の裏はどのような対策をすれば良いのか悩んでいませんか。

足の裏が臭くなってしまう原因は、もともと皮膚表面に存在する常在菌の繁殖が原因です。足の裏は背中の5〜10倍も汗腺があるため、汗をかきやすいのです。それに加えて、角質層が厚い足裏は剥がれ落ちるアカも多く、大量の汗と剥がれ落ちたアカ、また靴下や靴などで汗が蒸発しづらい環境が相まって菌が繁殖して臭いを発生させてしまいます。

そもそも、足の裏の汗自体は無臭です。汗をかかなくするような製品を使ってしまうと体温調節機能に支障をきたしますから、あまりオススメはできません。

足の裏の汗が原因で菌が繁殖してしまうのを防ぎたい、臭いを防ぎたいということであれば、足裏の古い角質ができにくくなるような対策がオススメです。消臭スプレーや消臭ソックスなどは一時的な対策にしかならず、汗と角質が原因で臭いが発生するメカニズム自体には対策をすることができません。

足の裏の菌の繁殖を防ぐには、角質をケアしながら足を清潔に保つことがポイントです。ニャオワンエチケットジェルは、皮膚を正常に保つフラーレンやEGF、角質ケアの効果がある乳酸菌、足裏を美しく保ってくれる美容成分ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・セラミド・尿素などで足裏の臭いの原因の根本に働きかけてくれます。

汗をしっかり洗い流しても、靴や靴下を一生懸命洗っても足の臭いが気になるという方は、足の汗自体が臭いの原因ではなく、古い角質がたまっていることが原因かもしれません。角質ケアと足裏のアンチエイジングができるニャオワンエチケットジェルで、今までにない足裏ケアをして、夏の時期に備えてみませんか。