子どものころ、上履きを脱いだら足の臭いが臭く、小さいながらに悩んでいました。
緊張しやすい体質で、週初めの登校や行事の日はとくにドキドキしてしまい、気がつくと手や足の裏に汗をびっしょりかいてそのまま一日すごすので、帰宅すると靴下が臭く、恥ずかしい気持ちで急いで替えていました。

冬場でも緊張の汗かきは変わらず、汗が冷えて足指がしもやけになってしまい、治療と足の臭いを取るために母がバケツで足湯を用意してくれました。最初は帰宅後に足湯をしていましたが、ある時から、足湯を朝、登校前にしてみてはどうかと提案してくれました。足が臭くなるのは放課後なのにな、と思いながらも言うことを聞いて朝、着替える時に足湯をすることにしました。

朝、足湯をするようになってしばらくすると、帰宅しても足があまり臭くなっていない日があることに気づきました。そして、月曜日の朝に教室で、足が汗でびしょびしょになっていることも、以前よりは減ってきたのです。最初は分からなかったのですが、朝足湯をすることで、身体があたたまり、気持ちもリラックスして、緊張からかく汗の量そのものが減ったようなのです。

靴下や上履きも臭くなりづらくなったので、手汗足汗が気になっての緊張感も徐々にうすれていきました。友だちに放課後の遊びに誘われても、臭いを気にせず行けるようになったのが嬉しかったです。

成長してからも、試験や面接、初対面の人に会うなど緊張しそうな時は、朝、足湯をしたあと、フットケアのスプレーをふって、足の汗や臭いを気にせずに臨めるおまじないのようにしています。

どうにか改善したい!足の臭いの悩みと改善策

私は足の臭いが人よりも強烈な気がしてずっと悩んでいました。私が悩んでいたのは中学生くらいの頃からです。運動部だったということもありますが、帰宅して靴を脱ぐと家族から足の臭いをよく指摘されていました。女性なのに足の臭いがあるなんてすごく恥ずかしかったし惨めでした。

しかし、一体どうすれば足の臭いを改善することができるのかわからなかったのです。なので私は、消臭スプレーを使って足の臭いを消すようにしていました。また、お風呂に入った際には念入りに足を石鹸で洗うように心がけていたのです。

すると、以前よりも足の臭いは少なくなったような気がしました。とはいえ、完全に改善されたわけではなく、外出をして靴を脱ぐ機会がある時には人から臭いと思われていないかどうかかなり神経を尖らさせていたのです。

大人になってからはさらに足の臭いには気を使うようになりました。夫は男性なのに足の臭いが全くありません。私は女性なのに夫よりも足の臭いがひどかったらどうしようと悩んでいたのです。

なので今は、消臭スプレーよりも効果があった足の臭いを消すクリームを購入して使用しています。直接足に塗るものなので、スプレーよりも効果が高いと感じています。気になってた足の臭いもスプレーよりも改善されているので使い続けていきたいと思っています。